1989年にはじまった「ちいさな集い」が、いつの間にかこんなカタチになりました。
  ~NPO法人0-99おかやまおしえてネット~

私たちは子育てを通じて、ママと子ども/パパとママ/母とわたし・・、そんな身近な関係が『素敵!』になる事を目指し、そこから『素晴らしい社会』に期待を寄せています。
誰もが過度な無理をしないこと。
それが『素敵!』な関係づくりにつながります。
子どもを産んでくれた全てのママ、ありがとう!社会はママを応援しています。

12月3日ドクターキッズスクールご参加の皆さまへ アンケートQ&A

12/3 おしえて!ドクターキッズスクール アンケート Q&A

参加者の皆さま、お待たせいたしました。

当日、子どもたちには、森田先生に聞きたいことを書いて頂きました。
先生からから質問への回答のメッセージをいただきましたが、お名前がないためせっかくのメッセージをお返しすることができない方がおられます。当事務局に来て頂ければお渡しする事ができますので、どうぞお越しくださいね。
先生にはお忙しい中、一人ひとりにご回答頂きました。全ての質問についてQ&Aでメッセージをご案内いたします。
先生には、心から感謝したいと思います。ありがとうございました。


Q: こけたときは痛いと思うけれど、遊んでたらなんでいたいと思わなくなるんですか。

A: ケガをしたすぐは、気をつけなさいと体が痛みで注意します。いつまでも痛いとくるしいので、痛くなくなるような仕組みがあります。


Q: どうして冷やすと痛くないのですか。

A: 冷やすと、皮膚にある神経がしびれて、まひするからです。


Q: 氷で痛みを感じているから、痛みを感じないんじゃないですか。

A: よくわかりましたね。それもあります。しかし、冷やすとそこの神経がまひするからです。


Q: 注射のはりが細いとあまり痛く感じないのですか。

A: はりが細いとさしたところのキズが小さく、痛みはキズの大きさによって痛くなります。


Q: 注射のはりはなぜ痛いのですか。

A: 注射のはりは、はりと一緒に体も傷つけるからです。残念。


Q: つねるとどうして痛いのですか。

A: つねると皮膚がこわされるからです。


Q: 歯が抜けるとき痛いから、痛くない方法はありますか。

A: 歯が抜けるときは本当に痛いです。注射でちくっとすれば、あとは痛くないです。


Q: 人はなぜ、痛いと感じたら、涙を流すのですか。

A: 人はつらいときに涙を流します。痛いのは、体を傷つけるので、つらいのです。


Q: 同じ痛みでも、とっても痛かったり、痛くなかったりするのはなぜですか。

A: 同じようなケガでも、気持ちの持ち方で痛みは変わってきます。不思議です。


Q: ますいはどのくらい痛いのですか。

A: ますいは痛みをとることが目的ですから、ますいがいたいと、よくありません。しかし、少し痛いこともあります。


Q: お産のときのますいは、どのようにするのですか。

A: お産は本当に痛いのですが、お母さんの多くはがまんして産みます。痛いのをとるのはできます。注射です。


Q: 何でますいをいれたら眠るんですか。

A: 眠らなくてもますいはできますが、眠るほうか手術をするときに気持ちが良いからです。


Q: 採血する前に氷でひやすと、血はかたまらないのですか。

A: たしかに血が冷えるとかたまりにくくなります。しかし、皮膚を冷やすくらいでは、問題ありません。


Q: どうやったらお医者さんになれますか。

A: 医者になるには、毎日勉強が必要です。時間ではなく、計画通り、毎日勉強することです。


Q: 今までで一番長い手術時間はどのくらいでしたか。そして、どのような手術でしたか。

A: 一番長い手術時間は、24時間以上です。脳外科です。脳は神経があるので、ゆっくり慎重に手術をします。



Q: お医者さんはいい仕事ですか。どんなときにやりがいを感じますか。

A: 医師は、自分ががんばればがんばるほど、周りの皆さんが喜んでくれる。すばらしい仕事です。